福岡へのU/Iターン応援イベント
〜話題のCGアニメーション『SUSHI POLICE』を通して見えてきた福岡のCG業界の可能性〜

イベント内容

福岡を代表する映像制作会社「KOO-KI」。東京オリンピックの招致映像など,これまで数多くの作品を手がけてきた同社と,福岡のクリエイティブ企業が中心になって制作されたCGアニメーション作品「SUSHI POLICE」は,福岡のクリエイティブ企業のレベルの高さを象徴する作品となりました。

第1部では,「SUSHI POLICE」の制作に関わった企業によるメイキング裏話をお届けします。

第2部では,福岡のCG業界の特徴や可能性,福岡で働くことなどについて,ざっくばらんに語りつくします。

■■■第一部:『SUSHI POLICE』メイキングスペシャル■■■

カンヌ国際映画祭フィルムマーケットにて「The Hollywood Reporter」誌が選ぶポスター賞を受賞したほどのハイセンスで特徴的なルックが話題を呼んだ、短編CGアニメーションシリーズ『SUSHI POLICE』。
今回は、「企画/プロデュース」、「アニメーション」、「背景&コンポジット」の3つのパートに分け、徹底解説する。

▲SUSHI POLICE Official Trailer #3

——————————-
Making01 企画/プロデュース
——————————-
企画の段階から世界を強く意識した本作品は、どういった経緯で生まれ、世界に打って出るために、どういった工夫をしたのか。世界で勝負するためのコンテンツ制作の秘訣を紹介する。
また、多くの協力会社が加わった「メイドイン福岡」の制作ワークフローについても語る。

【登壇者】
木綿 達史氏(KOO-KI)/監督
河原 幸治氏(KOO-KI)/プロデューサー

——————————-
Making02 アニメーション
——————————-
実に9社ものプロダクションが参加した『SUSHI POLICE』。各話ごとに担当するプロダクションが変わったため、アニメーションも各社の特徴や注力したポイントが異なり、その点も見ごたえのひとつだ。今回は、アニメーションを担当したアイメージがそれぞれのこだわりのアニメーションカットを解説する。

【登壇者】
伊藤 了太郎氏(有限会社アイメージ)/Director

——————————-
Making03 背景&コンポジット
——————————-
サイバーパンクな独特の世界観を支えた背景美術とコンポジットワークのフローを解説。

【登壇者】
木綿 達史氏(KOO-KI)/監督
中石 賢悟氏(KOO-KI)/コンポジター

■■■第二部:座談会〜『SUSHI POLICE』チームが語る、福岡のCG業界だからできること〜■■■

昨今、活力のある街としてCG業界からも注目を集めている福岡。『SUSHI POLICE』の参加スタッフが、本作を生んだ福岡のCG業界の特徴や可能性をはじめ、働く場、生活する場としての福岡のメリット・デメリットなどについて本音でトークセッションを行う。

【パネリスト】
木綿 達史氏(KOO-KI)
河原 幸治氏(KOO-KI)
伊藤 了太郎氏(有限会社アイメージ)

※内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

開催日
2016年11月19日(土)
時間
13:00〜18:00
会場
参加費
無料 ※事前登録制
主催
福岡市、福岡クリエイティブキャンプ、CGWORLD
協力
日本電子専門学校
  • 申込はこちら