2015.11.26 Thu

印刷会社からスタートしたゼネラルアサヒ。パーソナルコミュニケーションの雄として飛躍を続ける同社の強みをWebディレクターの稲本浩介氏に聞く。

創業60年を誇る国内屈指の印刷会社でありながら、Web、CG、映像をワンストップで制作できる体制と動画撮影スタジオなども完備しているゼネラルアサヒ。「情報を分かりやすく、正しく、早く伝える」を原点に、変革を続ける会社の要となるスタッフ、稲本浩介氏に仕事の魅力を伺った。


ゼネラルアサヒ 稲本氏

ー現在どのような仕事をされていますか?
稲本浩介氏(以下、稲本):Webディレクターとして、ディレクション業務を行う傍ら、企画からクライアントへの提案まで担当しています。また、インフォメーションアーキテクトとして、クライアントが目指すコミュニケーションの課題と情報をヒアリングし、紐解き、整理することを日々行なっています。

最近ではWeb制作を超えて、デジタルサイネージやリアルの店舗空間を活用した施策など、さまざまな角度からの提案をすることが多くなってきました。解決方法が多様化したため、他部署と連携したソリューション提案ができないかをよく考えています。

ー仕事でやりがいを感じるところはどこですか?
稲本:これから増々加速していくことだと思うのですが、新しいチャレンジを提案することが多くなってきていて、クライアントへ新しい気づきを持ってもらえたときにやりがいを感じています。

困ったときにはまずゼネラルアサヒへ相談してもらえるよう環境を整え、自社の組織を高いレベルへ持っていくことに難しさを感じながらもワクワクします。


ゼネラルアサヒ 稲本氏

ーゼネラルアサヒの特徴を教えてください。
稲本:人数の多い企業でありながら、社内の風通しの良さを非常に感じます。役職や部署にとらわれず、横断的に仕事に取り組み、みんなで意見を交わし合っているところが特徴です。

弊社の社長も社内を常に周り、気軽に声がけしてくれるので、いい意味でベンチャー的な雰囲気があります。先日異なる部署間で飲み会をしたのですが、その席でも役員が最後まで付き合ってくれました。現場の思いや、チャレンジしたいことの共有がカジュアルに行われているのが魅力ですね。


ゼネラルアサヒ 稲本氏

ー今後のキャリアについてどのようなプランを持っていますか?
稲本:ゼネラルアサヒの持つ多彩な機能や設備、十分な人材を活かし、世の中にインパクトのあるサービスやダイナミックなサービスを提供できるようにチャレンジしていきたいです。機能的で品質の高いものを提供できるというイメージを、自分にも会社にも持ってもらえるような仕組み作りもしていきたいと思っています。

また、一緒になって新しいビジネスを作るような、そんな関係性をクライアントと築いていきたいです。

TEXT_BUZZHOOK PHOTO_坂本健一

U/Iターン経験者に聞く福岡のここが魅力!

Webディレクター
真道 健志

神奈川県出身[東京からのIターン]

もともと人混みや住環境の問題で、東京に住み続けることへ疑問を抱いていました。東日本大震災を境に、本格的に移住を検討するようになったんです。

ずっと興味があった九州、福岡をネットで検索してみたところ「福岡移住計画」を見つけて、タイミングよく「福岡クリエイティブキャンプ」のイベントがあり、そこでゼネラルアサヒを知りました。総合的に制作できる職場環境に魅力を感じ即決して、3ヶ月で引っ越してきました。

福岡はまだまだ手つかずの自然が多く残っているところが良いところ。写真を撮りに島とか川とか、福岡に来てから色々なところを散策しています。

福岡に来て気づいたのですが、虫の音で季節の変わり目を感じることができます。博多から数十分車を走らせるだけで、天然のホタルが見られるのにも感動しました。

PROFILE

稲本 浩介/Kousuke Inamoto

広島県出身。工業系の大学院で情報プログラミングを学び、ゼネラルアサヒへ入社。入社直後に新規事業に携わった後、東京のグループ会社へ出向。Web知識を学ぶ中で、情報の整理、情報デザインの領域の広さに心惹かれインフォメーションアーキテクトと名乗るように。
帰福後はディレクターとして多くのサイトの提案や構築を行う。最近はWeb制作だけに留まらず、さまざまな視点からWebの活用方法について企画提案中。

NEWEST ENTRIES

FUKUOKA NEWS

HASH FUKUOKA
Fukuoka Facts